トピックスTopics

Artist MAGO展 のご報告

1月9日(月・祝)、ストリートパフォーマンスなどで今話題のファッション&グラフィッククリエーター、MAGO(マゴ)さんの東京で始めてのライブペインティングが行われました。会場は「新宿エルタワー」30階のサンスカイルーム。「天野喜孝来場展」のおとなりのブースです。MAGOさんのアートワークは和紙に墨で描くという古風なスタイルですが、そこにモダンなデザインセンスと現代的な感情表現をマッチさせた素敵なイラストレーションです。会場は若いファンの方やファッション業界の方と思われる方で華やかな雰囲気に包まれました。
Artist MAGO展 のご報告
壁面にはMAGOさんの作品がずらり。ファッション性の高いグラフィックポスターのような作品。まるでアンディ・ウォーホルのよう?!
MAGOさんがなんと和服姿で登場!日本男児です!
Artist MAGO展 のご報告
Artist MAGO展 のご報告
ライブペインティングが始まりました。まずは真っ白いキャンバスに、女性の目と鼻を描いていきます。使っているのは墨と筆。個性的な描き方です。
時々距離をとって構図のバランスを確認しながら、どんどん描いていきます。ほの暗い会場のステージに、なんともアンニュイな女性の表情が浮かび上がります。
Artist MAGO展 のご報告
Artist MAGO展 のご報告
唇やアイシャドウはこんな太い刷毛のような絵筆で描きます。まるで女性のお化粧のようです。墨と色彩顔料の淡い色合いがやキャンバスの上でやさしく調和していきます。
これは面白い!本物のイチョウの落ち葉を、黄色い顔料と一緒にキャンバスに塗り込んで生きます。イチョウの落ち葉がはらはらと散るイメージで“女性の涙”を表現しています。オシャレ!
Artist MAGO展 のご報告
Artist MAGO展 のご報告
完成しました!MAGOさんから絵の説明と、描くことへの熱い想い、そして来場されたお客様への感謝の言葉がありました。
最後はサイン会。応援に駆けつけたご友人たちもお出でになり、とてもなごんだサイン会でした。
Artist MAGO展 のご報告
Artist MAGO展 のご報告
おまけの写真です。
MAGOさんの使った墨と顔料。大きな刷毛も見られました。日本画の画家さんの道具と同じですね。